本文へスキップ

「スポーツ」を通じて移植医療の素晴らしさを国民の皆様に広くお伝えするために活動しています。

第28回 全国移植者スポーツ大会 鳥取県大会

 
  • 名称:第28回 全国移植者スポーツ大会(移植を受けた人たちのスポーツ大会)
       公益財団法人ゴールドウイン西田東作スポーツ振興記念財団助成事業
  • 主催:NPO日本移植者スポーツ協会
  • 共催(予定):NPO日本移植者協議会、(公財)日本腎臓財団、 (公財)大阪腎臓バンク、
           NPO法人全国骨髄バンク推進連絡協議会
  • 後援(予定):厚生労働省、鳥取県、鳥取県教育委員会、米子市、米子市教育委員会、(公財)鳥取県臓器・アイバンク、(公財) 鳥取県体育協会、(公社)鳥取県医師会、(一社)鳥取県西部医師会、(公社)鳥取県看護協会、鳥取県腎友会、(公社)日本臓器移植ネットワーク、(一社)日本移植学会、 (一社)全国腎臓病協議会、全国心臓病の子どもを守る会、胆道閉鎖症の子どもを守る会、ニューハートクラブ、トリオ・ジャパン
  • 協力(予定): (一財)鳥取陸上競技協会、(一財)鳥取県水泳連盟、鳥取県テニス協会、鳥取県卓球協会、鳥取県バトミントン協会、鳥取県ライフル射撃協会、ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会
  • 日程:2019年9月14日(土)、15日(日)
  • 会場:東山運動公園どらドラパーク米子市民体育館、どらドラパーク米子庭球場・どらドラパーク米子陸上競技場、米子市皆生市民プール、クイーンボウル、米子ゴルフ場
  • 開催趣旨:この大会の開催は移植者にとって、スポーツを通じて元気になったことを実感し、術後の自己管理の中で体力の向上、社会生活でのストレスの解消など長期生着への礎となるものです。
    特に移植を受けた子どもたちは、 いままで長い闘病で制約されてきた生活からスポーツに取り組むことができる身体なり、体力に自信を持ち、学校生活を満喫していただけるものと信じています。
    また臓器移植を受けて元気になった姿をご覧いただくことで移植医療の素晴らしさをさらに理解していただけるものと確信をしています。
  • 実施競技:陸上、水泳、テニス、バドミントン、卓球、ボウリング、ゴルフ、ビームライフル、輪投げ(予定)
  • ギフトオブライフカップ(対象:臓器移植を受けた12歳以下の子ども(骨髄を含む))
    • 参加招聘:日本国内
    • 競技:陸上、水泳、ボウリングほか
    • 費用(予定):
    • 表彰は種目別に行い、金・銀・銅メダルの表彰及び後日賞状を郵送授与する。MVPとMIPを選出しギフト・オブ・ライフカップ授与し表彰する。
  • 参加費:大人 4,000円 高校生以下 2,500円(弁当・Tシャツつき)但し、日本移植者スポーツ協会及び日本移植者協議会の会員、家族は1人につき1,000円を割り引く。別途、ボウリング1,100円(靴代含む)、
    ゴルフ12,000円(昼食込)が必要(予定)勉強・温泉・夕食会費7,000円(先着36名)、ガラパーティ会費6,000円になります。    




NPO日本移植者スポーツ協会

〒530-0054
大阪市北区南森町2-3-20-505

TEL 06-6360-0030         FAX 06-6360-1126




inserted by FC2 system